Author Archives: kireijoshi

日焼け防止対策をしっかり徹底して実践

わたくしは美容対策として、常に、日焼け防止対策をしっかり徹底して行っています。

冬の時期以外の紫外線が多い時は、スキンケアアイテムを美白化粧品に変えて、日に焼けないようにサンスクリーンを毎日塗っています。

外出時は、日傘やアームカバーやフェイスカバーを身に着けて、上から降り注ぐ紫外線以外にも、照り返しの反射光にも注意を払って出掛けています。

あと内側からも日焼け予防のために、食後にビタミンB・Cが配合されているサプリメントを摂取し、抗酸化作用の高いカボチャやネギやセロリなどの野菜、主として旬の物を積極的に食べています。

白昼長時間出掛けていた時や、太陽の光を浴びてしまったと思ったときは、夜の通常のケアに付け加えてしみなどに効くマスクをつけて手入れをしています。

このようにUVケアを行うようになってからは新しいシミは一切できていません。

しかも自然な美白でいる事が出来ています。

季節が秋が終わり、紫外線量が減る冬には、美容皮膚科クリニックでフォトフェイシャルの施術を受けて、前にできてしまったシミを除去したり、美肌のために対処しています。

女の人は毎日お化粧をしてしています。

メイクというのはキレイな女性という印象を与え、自信をつけてくれる凄いものです。

自分はメイクをするのがとても好きです。

いちばんに気にかけていることは、ちゃんとお化粧を落とすことです。

どれくらい疲れていてもお化粧だけは落としてから眠るようにしています。

そして、毎日お風呂から上がったらパックをしています。

普段使いのパックはそれほど高い物は使っていませんが、月に二度ほど高価なパックでケアしています。

あと週に二回はお風呂でするフェイスパックをして、毛穴の汚れをとっています。

眠る時には、ナノケアスチーマーを入れて寝ながら美容を行い、肌髮ともに潤しています。

ほかに毎日の暮らしの中で気遣っている事は、朝食を食べる際にはヨーグルトにプルーンなどを混ぜて栄養素を摂取するようにしています。

そして、お昼のご飯は食べたいものを食べていますが、夜の食事に関しては炭水化物を避けたんぱく質を摂るようにしています。

お化粧やビタミン剤などお肌のために気をつける事は色々ありますが、最も注意しなければならない事はお肌の保湿です。

冬だけかと思いがちですが、夏でもエアコンで常にカサつかないかと苛まれているわけですからね。

その辺りをきちんと乳液やクリームを塗ってお手入れをするということです。

しかしマメにそれをやろうと思うとついつい面倒になりがちです。

そんなわけで都合が良いのがオールインワンジェルタイプの化粧品です。

ライン使いのために費用がかかる心配もありませんし、ローションから順々に塗らなくてもいいので時間短縮できます。

美白成分が入っているタイプだと一段とよいです。

それから、美容の為というと外からよりも中から気を配るということもできます。

現実はなかなか難しいのですが、早寝早起きの生活をしていると少しのことでお肌の状態がよくなります。

お肌のためには簡単なことから少し注意するだけで、肌の状態も良くなるし体調も整ってくると実感しています。

栄養も偏りがちな事は自分でも分かっているので、ビタミンCなどのサプリメントにサポートしてもらうこともあります。

揚げ物などを少なくしてお野菜を多く摂る

わたくしが美容のために気配りしているのは、揚げ物などを少なくしてお野菜を多く摂る事です。

これまで私はお肉料理や脂分の多い物を好んで食べていたのですが、年齢が上がると胃にくるようになり、ここ最近は新鮮な野菜やくだものなどの体に良いものを摂るようになりました。

それに、今までは手ごろな価格のスキンケアアイテムを使っていましたが、最近エステで購入した乳液やパックを使うようにしたのです。

私はエステに通う前までは、メイク落とし、洗顔、化粧水で終わっていたのですが、エステサロンに行くようになり、お店で購入したメイク落としと洗顔とローション、コラーゲン入りパックとミルクを使うようになったのです。

面倒臭がり屋のわたくしには、沢山のケアアイテムを顔に付けないと行けないので頑張らないといけませんが、もっちりとしたお肌になれるしきれいなお肌になるので、継続できています。

これからも健康的なものを頂き体の内側からキレイにして、エステで買った基礎化粧品を使い、外見もキレイになれたらなと思っています。

湿度の低いときは、どれだけ化粧水などを使って保湿に力を入れても、少しだけ肌がカサついてしまう。

湿度を高くすれば何の問題も無くなるのですが、加湿器でもスチーマーでもお金をかけるのは無理だし色々めんどう。

そこで、寝室の湿気を多くするために洗濯した物をわざと室内干しするようにしました。

これだけのことなのに肌の乾燥がかなり改善できて有り難い。

それほど大量に干す必要はなく、肌着とか屋外に干したくない服を寝る前に洗って室内に吊り下げるだけで良し。

タオルやくつ下などは日光に当てた方がパリッとするし、大量に部屋干ししてしまうと洗濯物がしっかり乾かないので、一晩に干す洗濯物の量はあまり多くしない。

さらに、室内干しでもかまわない物だけを部屋の加湿用に利用すると、外干しをする日の洗濯物を減らすことができて効率がいい。

湿度が下がっている時は天気もいまひとつのことが多くて、洗濯物をためてしまうのよね。

室内干し加湿、乾燥肌対策にやってみて下さい。

当然化粧水、乳液、クリームなどで保湿をしっかりした上ででないと肌の乾燥を防ぐことは出来ないのでご注意を!私の美容のいちばんの問題はここ最近頬の周りに増えてきたシミ、ソバカス、黒ずみです。

40代に入ったらとくに気にするようになりました。

若いときは洗顔の仕方、化粧や肌のケアなどあまり気を遣っていませんでした。

メイクを落とさないで眠ってしまうこともありました。

こんなことを長い間続けてきたため、しみや黒ずみが増えてしまい鏡を見るのが怖いです。

朝晩、洗顔と化粧水、乳液、美容液まできちんと塗るようにしています。

朝は決まって日焼け止めクリームを塗ります。

毎日のお手入れ、洗顔も、クリームも、美容液も当然毎日忘れずにやっています。

3日に一度、フェイスマスクでパックしています。

最近になって、体の内側からのケアも必要という事も聞いたのでプラセンタサプリを飲み始めました。

それから適度なリフレッシュと入浴することです。

近所のスーパー銭湯に行きのんびりとお風呂に入り血液の流れを良くして、からだを浄化することです。

自分の家でも湯ぶねにつかり顔をマッサージしてます。

もう若くはないので、日々のお手入れは大事なことだと痛感しました。

今は毎日欠かさずやっています。

多くの女の人が悩むしみ、ソバカス、くすみだと思いますが、毎日のスキンケアと日焼け止めを塗り、マメに塗り直しをすることが肝心なのです。

化粧で隠すのではなく前もって防ぐことが大切です。

厚化粧をすればキレイになれるなんて嘘

メイクをしたらした分だけ重ねたら重ねただけキレイになれるなんて嘘なんです。

厚化粧をしていいことなどありませんよね。

一年毎に年を取り、化粧の知識を得るようになってその事がやっと理解できました。

厚化粧をすれば美しくなるというのは「違うニュアンスで」なんです。

具体的に水商売などをしている女性達は暗がりのなかにいるのでどぎついメイクでも美しく見えるのです。

お店の外に出て光のあるところに行けばぼろが出てきてしまいます。

暗がりのなかにいるのでどんどんメイクが濃くなるのです。

昼間仕事をして明るい間に活動する女性はなるべく薄化粧のほうが良い。

ベースメイクは特に薄く塗らないと時間が過ぎるとヨレてきます。

シワだらけのファンデーションくらい恥ずかしいものはありません。

ヨレヨレのベースにもかかわらずアイラインはしっかり付けまつ毛もバサバサテカテカのリップグロス…。

これでは鬼ババです。

メイクは引き算をするのがいい。

足しただけでは老け顔に見られるだけです。

「美容」を考えて、お菓子の代わりにアーモンドなどを食べています。

座り仕事なのでつい際限なくお菓子を食べてしまって、反省する事もしばしば…。

ナッツならば、食べ応えがあるので、あまり多く食べなくても満腹感があり、それと「ビタミン」「良質な油」「食物繊維」も補えます。

過食すると肌に悪影響することもありますが、適切な摂取量ならば、不足しがちな栄養価を効率よく摂れるんですよ。

「糖質は少なめ」なので、痩せたい時にも効きます。

よくある三種類のミックスナッツで、日に25~30グラムを摂っていますが、ときたま違う木の実もミックスしたり、たまらなくスイーツ系が食べたくなった場合は、ナッツのキャラメルがけやチョコレートがけを少量いただくようにしています。

味付けがカカオ70%とかだったら、ポリフェノールなども含まれているので、美容面でも問題ないでしょう。

ナッツ類は選ぶ楽しみもあり、それぞれを味わいながらつまんでいると満足感があり、おやつとして食べ続けられるのでお勧めの食品です。

女性でしたら誰でもお肌の調子にはそれなりに、敏感になるはずです。

私は幼い頃からアトピー性皮膚炎を患っているので、特にお肌のお手入れには気を付けています。

近ごろ、「お肌の色艶がよくなった」と言われることが多いのですが、一番に重要視していることは睡眠をとることです。

最近よく夜10時から夜中の2時の間に寝ていることが理想と言われます。

少し前までは深夜の2時くらいまでパソコンをしていたり、テレビを見たりと深夜型の生活だったのですが、肌トラブルが絶えなかったので、決心して生活スタイルを変えてみました。

大きく改善したことは睡眠です。

夜の11時くらいには布団に入り、たっぷりと7時間ほど眠るようにしたのです。

こうしたらすごく効果があって、お肌の痒みはなくなるし、風呂から出たときに保湿クリームをよく馴染ませるので長い時間肌が潤っているかんじです。

それに、顔の吹き出物やシミも治まって、朝目が覚めると気分がとってもよい状態です。

いいことずくめなので、睡眠は必ず7時間以上、夜12時前に就寝という生活を続けているところです。

お肌がキレイだと精神的にも良い刺激になって、毎日ウキウキしています。

首元やうなじまでニキビができるようになってしまった

ドライスキンのため油分が多くなっていて、ニキビがよく出来てしまいます。

特に年齢を重ねるごとに、お顔だけじゃなく、首元やうなじ下ら辺まで出来るようになり、物凄く悩みました。

顔面のニキビは一息つく間もなく発生し続けるので、憂鬱でしかたありません。

美容皮膚科に行ってお薬をもらったとしても、もともとの肌質改善はされていないので一時的には治りますが、またまたブツブツが出来てしまうのです。

大人ニキビの解決策を勉強して肌のお手入れの仕方からアプローチする事にしました。

肌のターンオーバーが出来にくく、毛穴部分が皮脂詰まりしてしまっています。

無理にとろうとするとお肌が傷むので、フェイスウォッシュの前に蒸したタオル等で顔をよく温め、毛穴部分を広げ、その後メイクオフ、お顔の洗浄とやっていくものにしました。

毛穴詰まりが解けやすくなるので、短期間でにきびが減少してきました。

お顔がさっぱりしたら忘れずにむくみ取りマッサージをして血のめぐりをよくしています。

毎日のお化粧は、あまり多くのものを乗せないよう、パウダーファンデ等をのせるだけというメイクに変更しました。

美容習慣を見直すことで、吹き出物が出にくいお肌に生まれ変わり皮膚科にも通っていません。

現在はこの肌状態を保持するため、注意を払って生活しています。

わたしの場合、睡眠不足になると、目にクマができます。

朝目覚めて鏡を見てみると顔つきが曇っていた事が、たびたびあるのです。

下まぶたのクマだけでもイヤなのに、お肌もくすんでしまうし、ほうれい線も浮き出てくるし、肌にハリがないという状態です。

何とかメイクで誤魔化そうとして、化粧が濃くなってしまいました。

帰宅時間が遅くなる事もありますが、私はいつも、日付が変わる前に寝るようにしています。

そしたら少なくても6時間は寝れるので、充分に寝る時間は取れていると思います。

良質の睡眠の為に、夜10時以降はおやつなども食べません。

お部屋の電気は間接照明を取り入れて、ちょっとくらい状態にしています。

お布団に入ってからは携帯もみません。

薄暗いところで明るいものを見てしまうと、目がさえてしまうので寝られなくなってしまうのです。

早い時間に寝るようになって、肌の色が明るくなったみたいです。

お肌のゴールデンタイムにしっかりと休めているからかな、って思っています。

美容のため、軽食として素焼きナッツなどを摂っています。

在宅ワークなので、つい際限なく甘い物などを摂ってしまい、反省する事も度々ありました。

木の実だったら、自然と咀嚼回数が増えるので、少し食べただけでも空腹が解消され、加えてビタミン類や食物繊維、ミネラルも補えます。

過食すると肌荒れする事もありますが、適量ならば、不足しがちな栄養分を効率的に摂れるんですよ。

低糖質食品なので、痩せたい時にもいいですし。

素焼きアーモンドを筆頭にカシューナッツ、クルミを混ぜて、毎日25gと決めていますが、時にはサンチャインチナッツやピーカンナッツ、マカダミアナッツをプラスしたり、たまらなく甘いものが欲しい時には、チョコでコーティングされているような木の実を少し摂っています。

ダークチョコレートを使ったものだったら、ポリフェノールなども含まれているので、美容面でも問題ないでしょう。

ナッツ類は選ぶ楽しみもあり、それぞれを味わいながらつまんでいると満足できるし、毎日食べても美味しいのでおすすめです。

日常生活にちょっぴりアイデアを盛り込むだけで

ダイエットというと、サプリメントを口にしたり、スポーツジムに入ったり、何かと金銭的、時間的ゆとりが必要なイメージですが、自分は日常生活にちょっぴりアイデアを盛り込むだけで引き締まった体つきを目指しています。

まず最初に、家事をしながらの運動です。

これは大変簡単で、一例をあげると炊事の際などに、つま先は地面につけたまま「かかと」のあげさげで、足のラインに効果的な運動をします。

これは何回でも構わず、「作業」終了とともにおわります。

また、腰かけている際には、ひざの所に紙を挟み込んでいます。

両脚がひらかない癖もつき、内腿が締まって一石二鳥です。

腰より上は案外シンプルで、たえず背筋ピーンを目指せばいいんです。

こんな事だけでもかなりの改善が見られます。

それから「食」ですが、基本的に手作りしています。

外食やお弁当のメニューは、明らかに穀物類、油ものが中心で、お野菜の比率が低いです。

家で油ものをやるとなると面倒なので、その結果揚げ物を食べる量も減ります。

最初は煩わしいですが、体調を整える為にも、女性として向上するためにも、毎日お料理を作る事は良いことです。

どうでしたか?かえって節約になるダイエットだと思います。

綺麗に、健康的に、有能に体型を保っていきましょう。

私は美容のことを考えて、体中しっかり乾燥対策をすることを心がけています。

茹だるような夏の日もシャワーのあとの保湿は欠かせません!そう言いつつも、クリームなどでしっとりさせて肌がベタベタしてしまうのは嫌です。

暑い季節にボディミルクを塗るのは敬遠していました。

そのため爽やかな使い心地なのにお肌はしっとりするハト麦化粧水を体中惜しみなく付けています。

プチプラなので、気にせずあちこちパシャパシャと使えるので重宝しています!はと麦ローションをたっぷり使い、保湿するようになってお肌の調子がすこぶるイイんです!とくに乾燥が激しい冬とかは、風邪などの感染予防にもなるのでお部屋が乾燥しないように加湿器をつけたまま寝ています。

加湿器をつけて眠るようになったら、肌もうるおうようになってきました!以前は、夏はまったく、乾燥を防ごうとはしませんでした。

ムシムシして体や顔はベタベタしているのに肌の突っ張る感じはあったので乾燥肌策を心掛けるようにしました。

無精者の自分でも楽に実行できる、お肌の潤いを保つことは、美肌づくりのためにずっと続けていきたいです!三十路近くから皺が目立つようになりメイクのノリも悪くなってきたため美肌について敏感になってきました。

第一に日々の生活から正していかなければと思い、夜の7時過ぎは間食をしない、10時には寝る、この習慣を毎日心掛けています。

この生活を続けていたら、なにより朝の気分がいいです。

おフロでは半身浴をしています。

冬の間も40℃以上にならないように下半身だけ浸かっています。

就寝前はローションとミルクは必須です。

週末終わりにはフェイスパックをしています。

つい最近、友人に誘われたこともありますが、エステと脱毛に行っています。

また運動もするようにしました。

日ごろ会社が家から近いので歩いて通っていることと、週末はウォーキングしています。

月に2回トレーニングジムとプールに行っています。

美容に関しては凄く気をつけるように一生懸命やっています。

成果はあるのかというと成果より気分の問題ですね。

なんだか、素敵な女性になっている感じがしています。

これからもずっと美肌に気を遣って続けていきたいと思います。

すっぴん美人になる為にしっかりクレンジング

すっぴん美人になる為にはクレンジングでしっかりと落とすことを心がけています。

綺麗な肌になる為には高価なスキンケア商品よりもちゃんと落とすことが一番大事だと思います。

毛穴に入った皮脂やメイク汚れをキレイに洗い流したり古い角質を除去することが、新しい肌を作る手助けをすることになります。

20代の頃は夜遅い時間に帰宅したり、仕事などで忙しく疲れている時は化粧をしたまま眠ってしまったこともありました。

でも若い頃はそんなことがあってもこれと言って何かが合った事はありません。

しみになったことはないですし、翌朝の顔色が悪いとか、メイクがのらないなんて気にもなりませんでした。

けどお肌に貯まった物が今帰ってきた感じがします。

今は夜にメイク落とし専用のオイルでキレイにメイクを落とし、顔も一週間に一回は剃るようにして余分な角質などを取り除いています。

顔に産毛が生えていると顔色を悪く見せたり、うぶ毛に菌などが付き肌荒れや炎症といった原因になります。

そのためいつでもお肌は清潔に保ち、余計な汚れが付着しないようにツルスベをキープできるように頑張っています。

20代のときは夜通し遊んでいても次の日に普段のようにお化粧をして会社に行くことも全く苦になりませんでした。

でも30歳代になり、40代に入ったら寝不足がまともにお肌に出るようになりました。

自分でしっかり眠ろうと思って早めに寝ても、途中で目が覚めてしまってそれから眠れなくなることもあるのです。

質の良い眠りをして常に美肌をキープしていたいです。

質の良い眠りと聞いたらまず最初に昼のあいだにある程度は体を動かさなくてはと思い最近は頻繁に歩くように心掛けています。

同じテンポでウォーキングするのは脳や心にとても良いみたいです。

幸せホルモンのセロトニンがでるとか。

ただしウォーキングしてくるとお腹が減ってついオヤツをポリポリと食べ過ぎてしまうのでそこが悩みの種です。

こうして日中体を動かすと自ずと夜になると睡魔に襲われます。

その眠気を上手く利用して「肌のゴールデンタイム」といわれる夜22時から2時までの間に少しでも睡眠をとって肌の年齢を若返らせるために努力しています。

この頃凄く美容に関心を持つようになりいろいろと気にし始めました!色々と調べた中でわたくしが最も気なったのは、一番に食生活。

日本食中心の食生活に変えてお肉を少なくしたらニキビができなくなってきたような気がします。

また便秘も無くなりました。

それと、おやつに関してはスナック菓子をやめて、ドライフルーツにしたのです。

それからアーモンドなどを食べるようになったのですが、スナックをやめたせいか、減量できたのです。

とてもうれしいです。

その次に気になっているのは規則正しい生活です。

前は夜更かしをしてテレビを見たり、日にちが変わってから寝ることが多々あったのですが、お肌の時間と言われている夜の10時から2時まではちゃんと寝るようにしています。

あと朝は毎日7時までには起床するようにしたのです。

そしたら、すこしずつお肌の様子も変わってきたのです。

規則正しい生活をするだけでこんなに変わってくるんだ!と驚いたのです。

だけど、夜の面白い番組は見たいので録画して見ています。

なんだかすごく些細なことでしたが、毎日続ける事が大事なのだと感じました。

今までは最低限のスキンケアしかしてなかったけど…

この前、美容に関してよく知っている方と知り合う事ができて、そこから美容の事を意識しだしたのです。

それまでは泡立てることなく洗顔して、ローションを手早く塗り、美容液をつけて終了という必要最低限の事しかしていませんでしたが、その人に教えてもらった事をベースにできるだけやるようにしたのです。

はじめに、メイクをしていなかったとしても、クレンジングは必ずやって続いて泡を立てた洗顔フォームで顔を洗い流します。

その後にコットンを使って化粧水をお顔全体になじませるようにして、美容液を塗ってクリームとちょっと手間がかかって煩わしく思いますが、この事を全てやると朝の化粧ののりが格段と違うのです。

あと、時間があるときは顔を洗い流した後に顔をマッサージすると血の巡りも良くなり新陳代謝もあがり、フェイスマッサージが最も重要だと教えていただきました。

どうしても時間がなくて1週間に2~3回しかやれていないのですが、やる時間があれば絶対やっていきたいです。

まだ二十歳を過ぎたところですが、歳をとった時のことを考えたらそろそろ頑張らないといけないなって考えています。

美容に関して大事なことは、いっぱいありますけど質の良い睡眠をしっかりととることが一番大切なのではないでしょうか。

10代、20代の頃は、本当に沢山の化粧品を試してみました。

しかしあまり効果がなかったんです。

今になって考えると、これは、日々の生活が問題だったのではなかったのかなと思います。

夜遅くまで起きていることも多くあり、睡眠が不十分な状態で毎日過ごしていました。

寝る前に携帯電話を見ていたりして、ちゃんと眠れていなかったのかなと思っています。

ですが、近ごろは深夜まで起きている事もきつくなってきたのでしっかりと睡眠をとれるようになりました。

ベッドに入ってからスマホを見ることもやめました。

11時台には眠りについています。

そうしたら、お肌に驚くほどの効果がありました。

ハリツヤが出てきたんです。

質の良い睡眠をとることは、目に見えてお肌にいい影響を与えてくれるんだなと実感しています。

眠ってから三~四時間位でお肌の代謝を助けるホルモン分泌が促されるという資料を見て、それを確信しました。

化粧品を色々と変えてみても肌にハリがないなと感じている人は、睡眠について見直すと良いかもしれません。

質のいい睡眠をとるのは誰もが出来るベストな美容法なのだと思います。

年輪を重ねてきた大人の女性であれば現在の年齢より多少でも若く見えると喜ばしいもので、私も確かにそう思います。

だけど、どんどんと加齢は進み、毛の穴が開きっぱなしになったり肌が乾燥してきたりして憂鬱になっちゃいます。

巷にはたくさんのケア法がありますが、元々物ぐさなので簡単じゃないお手入れは長く続きません。

また、高額の出費を伴うようでは短期間で終わってしまいます。

そうなると消去法になってしまい、基本的な美容を心掛けることになります。

最初に、とりわけ気を付けているのが睡眠時間で、最低でも6時間を目標にしています。

「疲労蓄積」は即座にお化粧の仕上がりもわるくなるし、健康を害したら美肌づくりまで手が回らなくなります。

お肌ケアではたくさん肌に投入できることを重要視しているので低価格のものを使っています。

更に意識しているのは歯の白さで、ぬけちゃってるとかは別問題として色合いがキレイじゃないだけで5~6歳は上に見られます。

リッチで時間も自由に使えればもっと色々なことが行えるはずですが、夢見ても仕方がないので当面はこのままやっていきます。

日焼け止めクリームは欠かせない夏

ここのところ小さいしみが気がかりになっています。

あまり目立つような場所に出来たということでもないですが、それでも心配だし今後増えたら困るし、紫外線にはすごく気をつけるようになりました。

7月から紫外線が強いようなので、日焼け止めクリームは欠かすことはできません。

外出の前にはくまなく塗るようにして、車を運転する時は紫外線防止サングラスと腕につける日焼け防止手袋をしています。

紫外線は眼からも吸収されると教えてもらったので、極力UVカットサングラスをかけるように心掛けています。

そして、食べ物も気を配るようにしています。

この前テレビ番組で果物でも朝食べるとよくないものがあるとききました。

それは、オレンジなどの柑橘類やキウイです。

それまで朝飯にフルーツを好んで食べていましたが、キウイフルーツやグレープフルーツに含まれる「ソラレン」が紫外線を体内に吸収してしまうようです。

これを聞いてからグレープフルーツを食べるのが不安になってしまったのですが、嫌いじゃないしビタミンもたっぷり入って身体の為にいいので、外出しない夜に食べることにしました。

効果的なのかわかりませんが、からだの中から紫外線を防ぐことも大事だとおもいました。

もう前からひどい便秘症なのですが、それが原因なのか年を取るにつれお肌もくすみ、透明感がなくくたびれた肌に近づきつつあります。

やはりどんなに肌の表から高級な化粧品を一生懸命塗っても身体の内側から改善しなければ効果が出ることはないと思うので、朝飯に酵素と青汁パウダーをミルクに入れて飲んでいます。

便秘にはとても効果があります。

飲み始めたばかりでは効果は感じないものの毎日の習慣にすると冷たいミルクで腸が動き、段々と便秘が解消されていくのを感じます。

同じパウダーのきな粉を追加して飲むこともあります。

お肌の調子は…というと、便秘が良くなるにつれて口の周りに時々できていたできものが出来なくなりました。

そして化粧ののりが飲み始めの頃よりもよくなってきています。

劇的に変わることはないけれど体の中からだんだんと清浄されている気がします。

これがメンタル面でも自己暗示をかけているように良い効果になって表れてきているようです。

そして肌の色艶を取り戻したいので鎖骨まわりを揉みほぐしてリンパ節が詰まってしまわないように気を付けています。

自分はいつまでもきれいでいる為に、朝は早起き夜は早寝をするように気を付けています。

夜だけは早く眠れるよう気を使っています。

わたしの場合、夜更かしが続くと即座にお肌に影響が出てしまうのです。

アンチエイジングの為にも、なるべく十時には眠るように気を付けています。

できる事なら実年齢よりも若く見られたいですよね?自分は昔から肌トラブルがたくさんあり、絶えず健康的なお肌ではないのだと思います。

けれども、やれる事をやれば健康的な肌にすることは出来ると思ったのです。

思い返せば、肌荒れの原因は自分自身の日課が大きいと思っています。

夜更かしは当たり前で、加えて睡眠不足が続いた時期がありました。

しかも、スナックやインスタント食品などが殆どだったときがあったのです。

このような生活をずっとしていたら、お肌にトラブルがあってもおかしくないと思いました。

なので、今ではそうした日々の習慣を見つめ直して、肌に良い生活をしようと努力しているのです。

特に夜更かしや睡眠不足をしない事に力を入れています。

美容のためにも体を冷やさないように

カラダを温めようと頑張っていたら私の近くには色々なアイテムが…。

湯たんぽから始まって、しっかり保温してくれる水筒に保温性の高いコップ。

このカップには専用の蓋があって蓋を回すと口が当たる部分が開く仕組みです。

だから思った以上に冷めにくいのでずっとホットドリンクを飲む事ができるのです。

あと温かい毛布みたいなクッション。

保温性の高いインナーやソックス。

数えたらキリがない。

からだが冷えた場合美容のために悪いということより命に関わるんじゃないかと恐怖になってしまいます。

熱さには強いのに寒さには弱いので体が硬くなったり背筋も曲がってしまいます。

寒い時には背中を丸めてしまいがちになりませんか?そんな時私は両手を口に当てながら前に屈んだ体勢になるのです。

その格好が胸を押さえつけてしまうので体に良くないと思うのです。

体に悪い影響があったらきっと美容に関わってくると思うのです。

なるたけ全身を温めてからだを縮こめないようにしています。

二十代の時は、太陽の光を直に浴び、三十代の頃は必死で育児、40代になりやっと自由な時間がすこしずつ持てるようになった。

美容に関してはとっても興味があったけど、お肌さえ手入れしておけば不都合はないと思っていたけど、40代からはそれだけでは無理だった。

シミやくすみなど課題は増えていく一方。

第一に、不満やイライラを溜めない事。

ストレスが溜まるとニキビなど肌が荒れてしまう。

湯船につかってのんびりと休む。

好きな音楽でも聞いたりすれば気分も優雅に。

ほんの数分でも幸せな時を過ごせるので、ホッとできる時間を作る。

睡眠時間はしっかり取るように心がける。

本当なら7時間くらいはとりたいところだけど、どうしても難しいから、夜の10時頃には就寝して、朝は5時には起きるようにした。

お肌のトラブルは少ない。

10時からの美肌を作る時間に、お肌を休ませるようにする。

一週間に一度、ベッドの中で、フェイスパックをする。

寝たままの状態の方が肌が潤うと聞き、こうしている。

その次の日にはしっとりとしたお肌に感じます。

恋愛がうまく行かなくて眠れない夜が続いて睡眠時間が不足してしまうと、イライラしたりして、肌がボロボロになってしまった事がありました。

「仕事」だったら失敗しても、頑張ればなんとかなるものなので精神的ストレスも少なくスキントラブルを引き起こしにくいです。

若い頃から赤ニキビはよく出来ていて、肌ケアを入念に実施してきたとはいえませんが、肌状態の悪さは普段からコンプレックスでした。

25、26歳あたりから、以前より悩み事も減ってきたので心も落ち着いて、お肌も落ち着いてきました。

最近は育児中ですが、娘が幼稚園に入った頃から精神的な負担もへって、肌荒れもなくなりました。

あと「ホルモンバランス」も大事みたいですね。

あたしは生理が早かったり遅れたりするので、長い間気になっていました。

産婦人科に足を運んだ時に相談したら、寝不足や心的なストレスでもホルモンのバランスは崩れると説明されました。

精神的に辛いと、「食」も睡眠も一斉に崩れてくるので肌トラブルも出てきます。

自分には悩みなどの心的ストレスが大敵なのです。

なりたいキレイ肌は綾瀬はるかさん!

私が思う肌が綺麗な有名人は綾瀬はるかさんです。ポスターやCMで出ている場合は修正されていることもあり、本当のその人の肌とは思えません。ですが、綾瀬はるかさんは、ドラマやバラエティー番組に出演された際、アップになっても本当に綺麗な肌だなと思いました。

偶然都内で見かけた事があったのですが、ほぼスッピンのように見えたのですが(素肌っぽいメイクかもしれませんが)、ただ吹き出物が出来ていないトラブルのない肌というだけでなく、ハリのある肌に見えました。本当にテレビで見た通りのままで驚きました。

ずっと高級化粧品のCMをやっているので、かなりいいお手入れはされているとは思いますが、30歳を過ぎてもあの水分たっぷり含まれていそうな肌がとても羨ましいです。きっと痩せ過ぎていない所もハリのある肌を保ち続けている秘訣でしょう。

太った女芸人さんにも美肌の人がいらっしゃいますが、痩せ過ぎてシワシワのお肌よりも、少しぽっちゃりな人の方がぱつんとハリがあり健康的な肌美人になれると思いました。