日焼け止めクリームは欠かせない夏

ここのところ小さいしみが気がかりになっています。

あまり目立つような場所に出来たということでもないですが、それでも心配だし今後増えたら困るし、紫外線にはすごく気をつけるようになりました。

7月から紫外線が強いようなので、日焼け止めクリームは欠かすことはできません。

外出の前にはくまなく塗るようにして、車を運転する時は紫外線防止サングラスと腕につける日焼け防止手袋をしています。

紫外線は眼からも吸収されると教えてもらったので、極力UVカットサングラスをかけるように心掛けています。

そして、食べ物も気を配るようにしています。

この前テレビ番組で果物でも朝食べるとよくないものがあるとききました。

それは、オレンジなどの柑橘類やキウイです。

それまで朝飯にフルーツを好んで食べていましたが、キウイフルーツやグレープフルーツに含まれる「ソラレン」が紫外線を体内に吸収してしまうようです。

これを聞いてからグレープフルーツを食べるのが不安になってしまったのですが、嫌いじゃないしビタミンもたっぷり入って身体の為にいいので、外出しない夜に食べることにしました。

効果的なのかわかりませんが、からだの中から紫外線を防ぐことも大事だとおもいました。

もう前からひどい便秘症なのですが、それが原因なのか年を取るにつれお肌もくすみ、透明感がなくくたびれた肌に近づきつつあります。

やはりどんなに肌の表から高級な化粧品を一生懸命塗っても身体の内側から改善しなければ効果が出ることはないと思うので、朝飯に酵素と青汁パウダーをミルクに入れて飲んでいます。

便秘にはとても効果があります。

飲み始めたばかりでは効果は感じないものの毎日の習慣にすると冷たいミルクで腸が動き、段々と便秘が解消されていくのを感じます。

同じパウダーのきな粉を追加して飲むこともあります。

お肌の調子は…というと、便秘が良くなるにつれて口の周りに時々できていたできものが出来なくなりました。

そして化粧ののりが飲み始めの頃よりもよくなってきています。

劇的に変わることはないけれど体の中からだんだんと清浄されている気がします。

これがメンタル面でも自己暗示をかけているように良い効果になって表れてきているようです。

そして肌の色艶を取り戻したいので鎖骨まわりを揉みほぐしてリンパ節が詰まってしまわないように気を付けています。

自分はいつまでもきれいでいる為に、朝は早起き夜は早寝をするように気を付けています。

夜だけは早く眠れるよう気を使っています。

わたしの場合、夜更かしが続くと即座にお肌に影響が出てしまうのです。

アンチエイジングの為にも、なるべく十時には眠るように気を付けています。

できる事なら実年齢よりも若く見られたいですよね?自分は昔から肌トラブルがたくさんあり、絶えず健康的なお肌ではないのだと思います。

けれども、やれる事をやれば健康的な肌にすることは出来ると思ったのです。

思い返せば、肌荒れの原因は自分自身の日課が大きいと思っています。

夜更かしは当たり前で、加えて睡眠不足が続いた時期がありました。

しかも、スナックやインスタント食品などが殆どだったときがあったのです。

このような生活をずっとしていたら、お肌にトラブルがあってもおかしくないと思いました。

なので、今ではそうした日々の習慣を見つめ直して、肌に良い生活をしようと努力しているのです。

特に夜更かしや睡眠不足をしない事に力を入れています。