日常生活にちょっぴりアイデアを盛り込むだけで

ダイエットというと、サプリメントを口にしたり、スポーツジムに入ったり、何かと金銭的、時間的ゆとりが必要なイメージですが、自分は日常生活にちょっぴりアイデアを盛り込むだけで引き締まった体つきを目指しています。

まず最初に、家事をしながらの運動です。

これは大変簡単で、一例をあげると炊事の際などに、つま先は地面につけたまま「かかと」のあげさげで、足のラインに効果的な運動をします。

これは何回でも構わず、「作業」終了とともにおわります。

また、腰かけている際には、ひざの所に紙を挟み込んでいます。

両脚がひらかない癖もつき、内腿が締まって一石二鳥です。

腰より上は案外シンプルで、たえず背筋ピーンを目指せばいいんです。

こんな事だけでもかなりの改善が見られます。

それから「食」ですが、基本的に手作りしています。

外食やお弁当のメニューは、明らかに穀物類、油ものが中心で、お野菜の比率が低いです。

家で油ものをやるとなると面倒なので、その結果揚げ物を食べる量も減ります。

最初は煩わしいですが、体調を整える為にも、女性として向上するためにも、毎日お料理を作る事は良いことです。

どうでしたか?かえって節約になるダイエットだと思います。

綺麗に、健康的に、有能に体型を保っていきましょう。

私は美容のことを考えて、体中しっかり乾燥対策をすることを心がけています。

茹だるような夏の日もシャワーのあとの保湿は欠かせません!そう言いつつも、クリームなどでしっとりさせて肌がベタベタしてしまうのは嫌です。

暑い季節にボディミルクを塗るのは敬遠していました。

そのため爽やかな使い心地なのにお肌はしっとりするハト麦化粧水を体中惜しみなく付けています。

プチプラなので、気にせずあちこちパシャパシャと使えるので重宝しています!はと麦ローションをたっぷり使い、保湿するようになってお肌の調子がすこぶるイイんです!とくに乾燥が激しい冬とかは、風邪などの感染予防にもなるのでお部屋が乾燥しないように加湿器をつけたまま寝ています。

加湿器をつけて眠るようになったら、肌もうるおうようになってきました!以前は、夏はまったく、乾燥を防ごうとはしませんでした。

ムシムシして体や顔はベタベタしているのに肌の突っ張る感じはあったので乾燥肌策を心掛けるようにしました。

無精者の自分でも楽に実行できる、お肌の潤いを保つことは、美肌づくりのためにずっと続けていきたいです!三十路近くから皺が目立つようになりメイクのノリも悪くなってきたため美肌について敏感になってきました。

第一に日々の生活から正していかなければと思い、夜の7時過ぎは間食をしない、10時には寝る、この習慣を毎日心掛けています。

この生活を続けていたら、なにより朝の気分がいいです。

おフロでは半身浴をしています。

冬の間も40℃以上にならないように下半身だけ浸かっています。

就寝前はローションとミルクは必須です。

週末終わりにはフェイスパックをしています。

つい最近、友人に誘われたこともありますが、エステと脱毛に行っています。

また運動もするようにしました。

日ごろ会社が家から近いので歩いて通っていることと、週末はウォーキングしています。

月に2回トレーニングジムとプールに行っています。

美容に関しては凄く気をつけるように一生懸命やっています。

成果はあるのかというと成果より気分の問題ですね。

なんだか、素敵な女性になっている感じがしています。

これからもずっと美肌に気を遣って続けていきたいと思います。