厚化粧をすればキレイになれるなんて嘘

メイクをしたらした分だけ重ねたら重ねただけキレイになれるなんて嘘なんです。

厚化粧をしていいことなどありませんよね。

一年毎に年を取り、化粧の知識を得るようになってその事がやっと理解できました。

厚化粧をすれば美しくなるというのは「違うニュアンスで」なんです。

具体的に水商売などをしている女性達は暗がりのなかにいるのでどぎついメイクでも美しく見えるのです。

お店の外に出て光のあるところに行けばぼろが出てきてしまいます。

暗がりのなかにいるのでどんどんメイクが濃くなるのです。

昼間仕事をして明るい間に活動する女性はなるべく薄化粧のほうが良い。

ベースメイクは特に薄く塗らないと時間が過ぎるとヨレてきます。

シワだらけのファンデーションくらい恥ずかしいものはありません。

ヨレヨレのベースにもかかわらずアイラインはしっかり付けまつ毛もバサバサテカテカのリップグロス…。

これでは鬼ババです。

メイクは引き算をするのがいい。

足しただけでは老け顔に見られるだけです。

「美容」を考えて、お菓子の代わりにアーモンドなどを食べています。

座り仕事なのでつい際限なくお菓子を食べてしまって、反省する事もしばしば…。

ナッツならば、食べ応えがあるので、あまり多く食べなくても満腹感があり、それと「ビタミン」「良質な油」「食物繊維」も補えます。

過食すると肌に悪影響することもありますが、適切な摂取量ならば、不足しがちな栄養価を効率よく摂れるんですよ。

「糖質は少なめ」なので、痩せたい時にも効きます。

よくある三種類のミックスナッツで、日に25~30グラムを摂っていますが、ときたま違う木の実もミックスしたり、たまらなくスイーツ系が食べたくなった場合は、ナッツのキャラメルがけやチョコレートがけを少量いただくようにしています。

味付けがカカオ70%とかだったら、ポリフェノールなども含まれているので、美容面でも問題ないでしょう。

ナッツ類は選ぶ楽しみもあり、それぞれを味わいながらつまんでいると満足感があり、おやつとして食べ続けられるのでお勧めの食品です。

女性でしたら誰でもお肌の調子にはそれなりに、敏感になるはずです。

私は幼い頃からアトピー性皮膚炎を患っているので、特にお肌のお手入れには気を付けています。

近ごろ、「お肌の色艶がよくなった」と言われることが多いのですが、一番に重要視していることは睡眠をとることです。

最近よく夜10時から夜中の2時の間に寝ていることが理想と言われます。

少し前までは深夜の2時くらいまでパソコンをしていたり、テレビを見たりと深夜型の生活だったのですが、肌トラブルが絶えなかったので、決心して生活スタイルを変えてみました。

大きく改善したことは睡眠です。

夜の11時くらいには布団に入り、たっぷりと7時間ほど眠るようにしたのです。

こうしたらすごく効果があって、お肌の痒みはなくなるし、風呂から出たときに保湿クリームをよく馴染ませるので長い時間肌が潤っているかんじです。

それに、顔の吹き出物やシミも治まって、朝目が覚めると気分がとってもよい状態です。

いいことずくめなので、睡眠は必ず7時間以上、夜12時前に就寝という生活を続けているところです。

お肌がキレイだと精神的にも良い刺激になって、毎日ウキウキしています。