肌のゴールデンタイムはできるだけ眠るように

わたしが美容で心がけていることは睡眠をしっかり取ることです。

肌のゴールデンタイムといわれる22時から深夜2時まではできるだけ眠っているようにしています。

それというのもここ最近まぶたのくぼみがくっきりとしてきたからです。

目蓋が窪んでしまう原因はいろいろあります。

年齢とともに脂肪が減ってしまうことでなったり、水分が足りてないことが原因だったり、目の疲れも原因となります。

乾燥などはやはり化粧をしている影響があると思います。

でも目の疲れに関してはパソコンやテレビを見続けて眼を使い過ぎたり寝不足などが原因になっています。

だからあたしはできるだけまぶたの窪みを目立たなくするためにたっぷりと眠るようにしています。

お年寄りが寝るくらいに早い夜の9時には就寝しています。

その分朝5時には起床しています。

したいことがあれば朝活をして夜はなるべく早い時間に寝るように心がけています。

朝早く目覚めるので夜は横になればすぐ眠れます。

日頃の生活スタイルからも美容にいいことはできます。

10代の頃からにきびが悩みの種で、お化粧をしないと、ポツポツが目について、更に跡になってしまっている部分もあり、すごく悩まされました。

クスリ屋さんで買えるような塗り薬を使ったり、ニキビ肌専用の薬用化粧水も使ってみましたが、全然よくなりませんでした。

食生活も気をつけてみたのですが、改善するようすは全くなく、自分の顔を見たくなくて、気分も沈みがちでした。

にきび用の薬用化粧水やテレビのCMなどで見かけるにきび薬はもちろん試してみたけれど、良くなる兆しも見られず、変わらないまま過ぎました。

ネットを見ていて、ニキビでも皮膚科に通院しているというのを読んで、速攻で行ってみました。

思った通り、病院でもらった薬のほうが効き目があって、さらに、ビタミン剤も出してくれて、良くなっていく気配が少しずつ見られました。

最初から行けば良かったと悔やんでいます。

数ヵ月したらあまり気にならない程度に治りました。

肌トラブルに関しては、自分で解決しようと思わず、病院に行くことが一番だと思います。

テレビのCMなどで見かけるニキビ薬は症状が重度でなければ治るかもしれませんが、やはりきちんと処方してもらったものが一番効くと思いました。

今、二人の子持ちの34歳主婦です。

結婚前までは、エステサロンで専門職につきながらも、経営等にも携わっていたので、時間的な余裕はなかったのですが、お金には不自由していませんでした。

だから、スキンケアグッズも色んなメーカーを使い放題って感じでした。

その甲斐あってか?、私にマッチした基礎化粧品をしっかりと選別することができました。

昔から何故だかどんな化粧品を用いてもシミなどに効くような商品は一つとしてマッチせず100%の確率で目周りが腫れぼったくなったり、両頬がかゆくなったりするのでローションなどはハリや潤いの効果に重点をおいてチョイスしました。

育児のドタバタ生活の中、バスタイムのあとはしっかりと、ローション、美容乳液、夜専用のクリーム、保湿美容液は贅沢に使用し、乾燥をしないように気遣っています。

あとは、ヘアドライヤーを当てながらコラーゲンドリンクを飲み干します。

昼間は子供を外遊びをさせたりして表にいる時間が長かったりするので夏のシーズンは特に日やけ防止用の乳液を隈なく塗布しています。

美白成分はNGなので、紫外線対策はバッチリ行います。

毎日朝、晩と、「白湯」を摂ってたりもします。

体内からもうるおい補給をする事で、健康的な素肌が維持出来ます。

15年くらい経ってむすめと二人で並んで歩くとき、娘に見劣りしないような若々しいおかあさんでいたいのです。